2010年01月09日

<1票の格差>双方とも上告 「違憲判断」大阪高裁判決で(毎日新聞)

 昨年8月の衆院選小選挙区間の「1票の格差」を巡る昨年12月28日の大阪高裁判決について、原告側と被告の大阪府選管の双方が8日、最高裁に上告した。判決は2倍に達する格差を初めて違憲と指摘した上で、選挙を無効にした場合は公共の福祉に反するとして、選挙自体は有効と判断し、原告側の請求を棄却した。【日野行介】

【関連ニュース】
8月衆院選:1票の格差「違憲状態解消すべきだ」官房長官
8月衆院選:違憲判決に原告側「歴史的、すさまじい」
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁
1票の格差:4.986倍 前年より拡大
社説:1票の格差違憲 国会が担う課題は重い

お茶が大好き
ちばらき大奥事情
即日現金化
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
posted by 5cvh7i1b3e at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。