2010年02月03日

<秋葉原殺傷>東京地裁で初公判 冒頭陳述要旨(毎日新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件を巡り、加藤智大(ともひろ)被告に対する東京地裁の初公判で検察側、弁護側が行った冒頭陳述の要旨は次の通り。

 【検察側】

 被告は派遣社員として働く中で、自分の存在価値が認められず、部品のように扱われていると感じ不満を抱くことがありました。携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性が心配してくれたのをうれしく思いましたが、顔写真を送ると途端にメールが来なくなったことから、自己の容姿が不細工であると強いコンプレックスを抱くようになりました。

 06年ごろから悩みや苦しみをサイトの掲示板に書き込むようになりました。期待通り、慰めやアドバイスが書き込まれ、掲示板は被告にとって不満の唯一のはけ口でした。

 しかし08年5月ごろから、被告になりすました「偽物」や、無意味な書き込みで読みにくくする「荒らし」が頻発し、被告を思いやる書き込みがほとんどなくなりました。被告は自分の唯一の居場所がなくなって自分の存在が殺されたと感じるようになり「みんな死んでしまえ」と思うようになりました。

 被告は静岡県裾野市の自動車製造工場に派遣されていましたが、08年5月28日、派遣会社所長から終了を告げられ、必要とされていないとショックを受けました。6月3日に派遣会社社員から、引き続きその工場で仕事を継続できると聞かされると、単なる人数合わせと受け取りました。

 同5日、出勤し更衣室に行くと作業着が見つかりませんでした。工場を辞めろと言われていると感じ、缶コーヒーを壁に投げ付け寮に帰りました。掲示板に書き込みましたが、思いやりのある反応はありませんでした。

 被告は悩みや苦しみが無視されたことが我慢できなくなり、ついに怒りを爆発させ「大きな事件」を起こし自分の存在を認めさせようと思いました。「大きな事件」を起こすことで、その原因が自分を無視した者、まともに扱わなかった者、「偽物」や「荒らし」にあると思わせ「復讐(ふくしゅう)」したいと考えました。

 何度も秋葉原に行ったことがあり、日曜は歩行者天国でにぎわうことを知っていました。「もう生きていても仕方がない」と自暴自棄になりました。

 6月6日、掲示板に「やりたいこと…殺人/夢…ワイドショー独占」と犯行をほのめかす書き込みをしました。誰かに止めてほしいとの気持ちもありましたが、犯行を思いとどまらせる書き込みはありませんでした。

 同日、雑誌で見つけた福井市のミリタリーショップでダガーナイフや警棒を購入。7日には秋葉原でゲームソフトとパソコンを売却して約7万円を手に入れ、静岡県沼津市のレンタカー営業所で2トントラックを予約しました。掲示板には「無事借りれた。準備完了だ」「意外に冷静な自分にびっくりしてる」と書き込みました。

 被告は6月8日午前11時45分ごろ秋葉原に到着。午後0時10分ごろ、掲示板のタイトルを「秋葉原で人を殺します」に書き換え「車でつっこんで、車がつかえなくなったらナイフを使います。みんなさようなら」と予告しました。交差点の人通りがあまりに多く怖くなって3度も機会を逃し「やらなくてよかった」という気持ちと「何でやれないんだ」との気持ちで葛藤(かっとう)しました。

 午後0時33分ごろ、今度こそ犯行に及ぶと強く決意してアクセルを踏み、時速四十数キロで横断歩道上の5人をはねました。路上にトラックを停止させるとナイフを取り出し、目についた通行人3人を刺しました。交差点に戻ってから6人、車道を南に向かって走りながら3人を次々と刺しました。中央通りから西に入る路地手前で警察官に追いつかれ、殺人未遂容疑の現行犯で逮捕されました。

 【弁護側】

 この事件で明らかにしなければならないことは▽彼がなぜ事件を起こしたか▽彼は何をしたのか▽彼にどのような責任を取らせるべきか−−。弁護側は、彼がなぜこの事件を起こしたのかを明らかにしていきたい。

 彼は労働金庫に勤める父親と専業主婦の母親の長男として、青森市で生まれました。小学4、5年生では将棋クラブ、6年では陸上部に在籍し、県大会に出場したこともあります。中学3年間はソフトテニス部に入り、合唱コンクールでは指揮者を務めたこともあります。高校は青森県内一の進学校に入学。車の仕事に就きたいと岐阜県の短大に入り、仙台市の警備会社や埼玉県の自動車工場、青森県の運送会社で働きましたが、仕事ぶりはまじめでした。事件当時は静岡県の自動車製造工場で働いていました。彼は事件を起こすまで、決して極悪非道な人生を送ってきたわけではありません。

 彼は数年前から掲示板のサイトを利用し始めました。はじめは好きな漫画の書き込みを見る程度でしたが、いつの間にか自分でも書き込むようになり、掲示板は彼の重要な一部となりました。

 どのように育ち、どのような考え方を持っていたのか。彼にとって携帯電話の掲示板とは何だったのか。二つの視点で裁判を見てほしいと思います。

【関連ニュース】
秋葉原殺傷:「事実明かし償う」加藤被告表情硬く
秋葉原無差別殺傷:責任能力が最大争点に 28日初公判
秋葉原殺傷:被告、殺傷認める 責任能力争う
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
東京・秋葉原殺傷:責任能力争点に 加藤被告、きょう初公判

<陸山会>小沢氏団体から13億円 04〜05年不記載(毎日新聞)
路上で血を流した男性倒れる ひき逃げ事件か 東京・江東区(産経新聞)
携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
<訃報>渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長(毎日新聞)
自民 参院選選挙区で2新人公認(産経新聞)
posted by 5cvh7i1b3e at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再聴取「前回と同じ内容」、詳細言及せず…小沢氏(読売新聞)

 東京地検特捜部から2度目の事情聴取を受けた民主党の小沢一郎幹事長は1日、東京・永田町の党本部で開かれた定例記者会見で、「私の知る限り、記憶している事実を包み隠さず話した」と述べた。

 しかし、「個々の問答は、捜査中なので申し上げるのは適切ではない」として、具体的な内容への言及は避けた。

 午後5時過ぎから始まった記者会見の冒頭、小沢氏は「まず私からご報告を申し上げます」と切り出し、「弁護人を通じて、検察当局からもう一度話を聞きたいと要請があった。昨日(1月31日)、都内で3時間あまり説明を求められた」と特捜部の再聴取を受けたことを自ら明らかにした。

 聴取内容については「前回とほぼ同じ内容だった」とし、「不動産購入や原資、不動産について『私のものではない』とする確認書、収支報告書についての質問が大部分だった」と語った。

 一方、政治資金規正法違反容疑で逮捕された元秘書の石川知裕衆院議員(36)が、2005年3月から5月にかけ、小沢氏から4億円を預かり、返却したと供述していることについて質問されると、「そのことも検察官に説明した」としながら、「捜査中のことであり、申し上げるのは適切ではない」と詳しくは語らなかった。

 会見では、小沢氏が東京都世田谷区の土地購入代金の原資の一部と説明している、家族名義の口座から引き出した資金について、「贈与税を払ったのか」との質問も出た。これに対し、小沢氏は「資金自体は私のお金で、贈与したという認識はない」と述べ、事実上の名義借りだったことを認めた。

 ゼネコンからの不正献金については、「私はそのような不正なお金は一切受け取っていないし、現在においても受け取っていないと秘書たちも主張している」と再度、受領を否定した。

負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花−鹿児島(時事通信)
<国公立大2次試験>志願倍率1.0倍…中間集計(毎日新聞)
JR高崎線で人身事故、上下線で運転見合わせ(読売新聞)
石川知裕議員 自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い−湯沸かし器中毒死・名古屋(時事通信)
posted by 5cvh7i1b3e at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。